説明書 / Manual

1日の記録_RecordOf1Day

①通貨ペア
当ブログで取り上げているのは
ドル円/USDJPY
ユーロ円/EURJPY
ユーロドル/EURUSD
この3つのみです
・pipsは小数点第3位を基準にしています



②時間
左から6時~5時となっています



③分
下から0分~59分となっています



④ヒストリカルデータ
1つのセルは1分間の変動を表しています
【例(上記表参照)】
9時44分=34
44分0秒~44分59秒までの変動です
1分間の間に34pips(3.4pips/小数点第2位の場合)の上昇があったということ

背景に色がついているセルは2種類あります
赤背景は1分間に20pips(小数点第2位の場合は2pips)以上の上昇変動があったセル
青背景は1分間に-20pips(小数点第2位の場合は-2pips)以上の下降変動があったセル

着色セルが固まっている場合、そこは大きな変動があった時間帯ということが視覚的にわかるので、自分の取引参加のタイミングが適切だったのかどうか振り返るツールとして使ってみるのも良いのではないでしょうか。



⑤分単位の統計
左から順に説明していきます
(1)H
1分間に20pips(小数点第2位の場合は2pips)以上の上昇変動があったセルの回数
(2)L
1分間に-20pips(小数点第2位の場合は-2pips)以上の下降変動があったセルの回数
(3)Total
上記(1)Hと(2)Lの数の合計
ここの数が目立って多いようならば、その”分”は何かしらの要素が働いている可能性があります
(4)Total
"分"単位のpipsの合計
例)6時から5時までの”59分"の合計(6:59+7:59+8:59+.....5:59)

背景に色がついているセルは2種類あります
赤背景は100pips(小数点第2位の場合は10pips)以上の上昇変動があったセル
青背景は-100pips(小数点第2位の場合は-10pips)以上の下降変動があったセル

(5)Ave
"分"単位のpipsの平均値



⑥時間単位の統計
上から順に説明していきます
(1)Total
1時間の合計pipsです
(2)Count
1分間に20pips(小数点第2位の場合は2pips)以上の上昇及び下降変動があったセルの数
(3)E-S
1時間の変動結果

背景に色がついているセルは2種類あります
赤背景は1時間に100pips(小数点第2位の場合は10pips)以上の上昇変動があったセル
青背景は1時間に-100pips(小数点第2位の場合は-10pips)以上の下降変動があったセル



⑦時間帯別の結果
時間帯を9つに分けて傾向を探ろうという趣旨の項目です
Flat・Follow・Rev・Restと書いてありますが、取引参加に対する個人的なモチベーションを記してあるだけですのであまりお気になさらず~



にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へにほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へにほんブログ村 為替ブログへ